国内

左右に揺れる恐怖と初めての体験?!空いた時間で色んな体験をしてみたin千葉

千葉駅

今回の旅行のメインがひとまず終わりました。

闘会議2019の看板
闘会議だ!前夜祭だ!テンタライブだ!僕は現在、スプラトゥーン2にハマっています。 スプラトゥーン2/Switch/HACPAAB6A/A 全年齢対...

ここから帰路となるのですが、乗車予定のサンライズ出雲の発車時刻の22時まではまだ時間が余っています。せっかくの機会なので、東京駅とは逆方向の千葉駅に向かうことにしました。

今回、東京駅に戻るまでの時間に様々な体験をしました。

海浜幕張駅→千葉みなと駅

闘会議に最後まで残っていた多くの人が海浜幕張駅に向かっていました。テンタライブが最後まであったので、スタッフの除けばテンタライブを見ていた人たちだと思われます。

幕張メッセの最寄り駅・海浜幕張駅から京葉線で千葉みなと駅に向かいました。

この先、千葉みなと駅から千葉都市モノレールに乗り換えて千葉駅に向かいます。

人生初の懸垂式モノレール・千葉都市モノレール

懸垂式モノレールに対する恐怖

自己紹介ページで説明していますが、一応ここでも軽くではありますが触れておきます。

僕は若干の高所恐怖症があります。それに加えて-Gのフワッと軽くなる感覚が苦手です。ですから、飛行機やジェットコースターは苦手であり嫌いです。

モノレール自体は何度も乗ったことがあります。そのほとんどが東京モノレールです。しかし、懸垂式は乗ったことがありませんでした。懸垂型は下が何もない状態であるとすれば地面だけなので、怖さを感じていたという漢字です。

乗車した後、緊張してきました・・・。要するに、ただのビビリですねw

乗った感想

結論から述べると、暗かったので大したことありませんでしたw下があまり良く見えなかったため、高所にいるという恐怖はありませんでした。

しかし、全く怖くなかったというわけではありません。揺れです。

懸垂式とあるように、千葉都市モノレールは大雑把に言えばぶら下がっています。そのため、カーブの際などに振り子のように少し揺れます。

左右の揺れ自体は、鉄道であればどの種類でもあります。しかし、懸垂式モノレールは振り子のように揺れます。これが何を意味するのかと言うと、左右の揺れと同時に上下の揺れも発生します。「バイキング(海賊船型の大型ブランコのこと)」などのスイング型アトラクションに近い感覚でしょうか、あそこまでは行かないですけど。僕は、この上下の揺れにビビってしまいましたw

千葉みなと駅から千葉駅までは5分弱で着くんですけどねw

こんなことを書きましたが、普通の人であれば恐怖を感じることはないと思います。ご安心ください。

千葉駅に到着

とりあえず、何事もなく千葉駅に到着しました。

千葉駅

本当は千葉駅周辺を散策しようと思っていたのですが、暗かった上に事前にどこに回るかを調べていなかったので、少し散策したところで駅に戻りました。

「東京都区内」を活用した節約

このとき、「東京都区内→鹿児島中央」の往復乗車券(かえり)を持っていました。

千葉駅は「東京都区内」に入りませんが、このことを利用すれば安い追加料金で済みます。

それについては、以下の記事で詳しく説明しました。

「東京都区内→鹿児島中央」の乗車券
特定都区市内制度を有効に使え!エリア外からの乗車はどうするの?長距離のきっぷを購入すると、駅名ではなく「東京都区内」「〇〇市内」などときっぷに書かれていると思います。特に、新幹線のきっぷはそのように...
東京までの特急券と小岩までの乗車券470円では東京駅まで行けないのだが・・・

人生初の入場券

千葉駅で夕食の駅弁を購入することにしていたのですが、改札の外で駅弁を売っているお店を見つけることが出来ませんでした。探し方が悪かったのかも知れませんが。

そこで、改札内にはあるのではと思い、改札を通ることにしました。しかし、時間的にまだ出場する可能性があったため、融通を考えて乗車券ではなく入場券で改札を通りました。

入場券を買うのは、これが初めてでした。

やはり改札内に駅弁を売っているお店がありました。

千葉駅の駅弁写真の撮り方、下手ですねw
千葉駅の駅弁の中身

また、ここで友人などへのお土産も購入しました。

入場券で改札を出て、近くのベンチで食べることにしました。駅弁は、おいしかったです。

ちなみに、千葉駅の改札の近くに東京オリンピック・パラリンピックの残り日数を示す電光掲示板がありました。九州ではこういったものを目にする機会がありませんからね。オリンピックを直接見に行けるかはわかりませんが、是非成功してほしいものです。

東京オリンピック・パラリンピックまでのカウント

特急券を買ったが・・・

千葉駅から東京駅までJRの在来線で向かうわけですが、特急しおさいに乗ることにしました。これは計画の段階からそうすることにしていました。理由は、荷物が多いので他の乗客に迷惑がかかる可能性があることと、確実に座れるか不安だったことです。

しかし、特急券を購入したあとに気づきましたが、意外と快速電車の車内は空いていました。せっかくなので、特急に乗ることはやめませんでしたが。

ちなみに計画の段階では、自由席が満席の可能性もあるから指定席のほうがいいかなと考えていたレベルです。実際は自由席もスカスカでしたw夜の千葉駅周辺は乗客少ないんですね・・・、土曜日なのに。

東京駅到着

21時3分ごろ、東京駅に到着しました。

東京駅に到着した特急しおさい

ここから寝台特急サンライズ出雲に乗るために、東海道線ホームに向かいます。

最後に

千葉市で懸垂式モノレール、入場券の購入、「東京都区内」を使った運賃節約と初めての経験をいくつもしました。正直なところ、こういうことは初めてなので緊張しました。

懸垂式モノレールに乗る機会自体が全然ないので、貴重な体験だったと思います。これが強風の吹き荒れる日だったら、どうなっていたことか・・・w

最後まで読んでいただきありがとうございました。

続きはこちらから

ノビノビ座席のサムネ
【寝台特急サンライズ】安いが硬くて寝れない!?ノビノビ座席とシャワーでの新しい旅の可能性皆さんは、「サンライズ出雲」という列車をご存知でしょうか。この列車は東京駅と出雲市駅を結ぶ寝台特急です。東京・岡山間は「サンライズ瀬戸」...

COMMENT