普通の大学生の生活日記

理系学生。大学生のときにしか出来ないことをするスタイル

⑨快適さはグリーン車級!?新幹線さくらの指定席に乗車してみた

こんにちは。TwinkleRiderです。

 

3日間のスプラトゥーン旅行もいよいよ最後。新幹線で鹿児島に戻ります。

前回、新幹線を自由席から指定席に変更しました。

 

www.twinklerider.com

 

スプラトゥーン旅行記の他の記事はこちらから

www.twinklerider.com

 

変更した理由は2つありますが、その1つが九州・山陽新幹線に使用されているN700系の指定席が快適だからです。

今回は、乗車したさくら号の指定席についてです。(みずほ号も同様です)

 

 

 

 

この記事の趣旨

九州・山陽新幹線を走る「みずほ」と「さくら」には、N700系新幹線が使われています。「のぞみ」などで使用されているN700系新幹線と一部異なる部分があります。

九州・山陽新幹線を走る「みずほ」と「さくら」に使用されているN700系新幹線は8両編成の7000番台(S編成・JR西日本)と8000番台(R編成・JR九州)であり、16両編成の1000番台(N700A・JR東海・G編成)などとは異なります。外見は同じでも、デザイン等の違いが見られます。このS編成とR編成の普通車指定席は、3列+2列のG編成などと異なり2列+2列です。座席が少ない分シート幅は普通車自由席よりも広く、グリーン車指定席とそこまで変わりません。詳細は、Wikipedia等をご参照ください。

新幹線N700系電車 - Wikipedia

 

この普通車自由席と普通車指定席のシート幅の違いを、520円(通常期)で体験するのが今回の目的です。

 

岡山駅にて

朝食をまだ食べていなかったため、そのために駅弁を購入しました。

 

岡山駅に再入場する前にアクシデントが起きました。なんと土産の紙袋が破けてしまいました。

大したことではありませんが、それなりの量のお土産を担がないといけない状態になってしまいました。

何か補強するものはないかと、駅員さんに聞いたところセロハンテープを使わせていただきました。そのおかげで、なんとか手に持っても問題ないようにすることができました。

 

こういったアクシデントも、旅らしさが出て面白いものです。

 

岡山駅再入場

新幹線改札を通り、再び岡山駅に入場します。

このとき、米原駅付近の雪の影響で東京方面からの新幹線に遅れが出ていたようです。しかし、新大阪駅始発の新幹線は関係ないため、自分に影響はありませんでした。

 

さくら545号に乗車

定刻通り、さくら545号が岡山駅に到着しました。

ちなみにS編成でした。なので、チャイムは向谷実さんのオリジナルチャイムは聴けませんでした。東京に向かう際は、聴くことができましたが。

 

指定席が快適すぎる

座ってすぐに違いがわかりました。広いw数字で見れば数センチの差ですが、全然違いました。

僕はまだグリーン車に座ったことがないため実際のグリーン車がどうなのかはわかりませんが、これまで座った普通車自由席や普通車指定席とは異なる乗り心地であるのは明らかです。

f:id:TwinkleRider:20190309201232j:image

髪の毛が写ってしまっていますが、無視してくださいw乗車券の右上に「岡山」の印を押していただきました

とりあえずお腹も空いていたので、駅で購入した駅弁を食べることにしました。


f:id:TwinkleRider:20190309201507j:image

f:id:TwinkleRider:20190309201501j:image

 

あまりにもさくらの普通車指定席が快適だったのか、駅弁を食べたことも相まって新関門トンネルを潜る前に寝てしまいました。気づけば、川内駅付近でしたw

 

鹿児島中央駅に到着

11時半ごろ、ついに鹿児島中央駅に到着しました。


f:id:TwinkleRider:20190309201431j:image

f:id:TwinkleRider:20190309201425j:image


3日間の旅がついに終わってしまったという気持ちと、ようやく鹿児島に帰ってきたという気持ちでした。

 

最後に

想像以上の快適さでした。520円(通常期)でこの快適さを得られるというのが、良いですよね。人によっては、グリーン車指定席よりも普通車指定席の方が快適と感じるようです。

博多・新大阪間は、「のぞみ」の指定席と「さくら」や「みずほ」の指定席だったら、間違いなく「さくら」や「みずほ」を選ぶでしょう。同じ価格でこの差は大きいです(ただし、「のぞみ」と「みずほ」の指定席は追加料金がかかります)。

 

 

これにてスプラトゥーン旅行も終了です。

次回、この旅行について振り返っていきたいと思います。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

続きはこちらから

 

 

www.twinklerider.com