普通の大学生の生活日記

理系学生。大学生のときにしか出来ないことをするスタイル

久々の新幹線と初めての寝台特急!

こんにちは。TwinkleRiderです。

前回書いたように、テンタライブに行くことを決めました。

前回の記事はこちら↓ 

www.twinklerider.com

 

 

「スプラトゥーン旅行記」の他の記事はこちらから

www.twinklerider.com

 

今回は、利用する交通手段について説明します。

 

 

 

大まかな交通手段

往路

まず、1月25日(金)に、東京へ向けて出発します。

前回の記事で述べたように、新幹線で向かいます。

(理由などは前回の記事 はご参照ください)

 

 

家から最も近い新幹線の駅は鹿児島中央駅になります。そこから九州新幹線、山陽新幹線、東海道新幹線の順に経由して東京に向かいます。

 

復路

帰りは日本唯一の寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」に乗ります。

(理由などは前回の記事 はご参照ください)

 

今回はサンライズ出雲に乗ります。

寝台特急サンライズ瀬戸・出雲については後日詳しく記事にしたいと思います。

乗車した時の様子は、こちらから

 

 

www.twinklerider.com

 

サンライズ号に乗り東京から岡山まで移動して、そこで乗り換えて新幹線で鹿児島中央に向かいます。

 

購入したきっぷ・値段

2018(平成30)年12月26日(水)に全てまとめて最寄りのみどりの窓口で購入しました。

後述しますが、後日一部のきっぷは変更しました。

 

乗車券

まずは、鹿児島中央⇄東京都区内の往復乗車券です。

購入したきっぷの距離が201キロ以上の場合、「東京」ではなく「東京都区内」に変わります。みどりの窓口では行き先は東京としか言っていませんが、購入したきっぷには東京都区内と記載されています。このことは別の記事で説明します。

 

通常、鹿児島中央⇄東京都区内は片道で16410円かかります。往復ではその倍の32820円がかかります。

往復乗車券は片道601キロ以上で運賃が1割引になります。

ここで岡山⇄東京間は往路と復路で異なる経路を通ります。往路は新幹線、復路は在来線です。

しかし、例外を除けば新幹線と在来線は同じ路線とみなします。今回のように岡山駅を乗換駅(接続駅)とする場合は例外に含まれませんので、同一経路とみなされます。

これによって、往復割引を適用することができました。

往復割引については、別の記事で説明したいと思います。

 

また、同時にJR学割(2割引)適用しました。

これによって、往復割引による1割引した料金にJR学割による2割引したものが、今回の料金です。

※3割引ではありません。約28%(2割8分)引きです。

 

JR学割についても、別の記事で紹介したいと思います。

 

その結果、往復で23600円(9220円引き)となりました。

f:id:TwinkleRider:20190128170331j:imagef:id:TwinkleRider:20190128170342j:image

きっぷ内の「23600」が割引を適用した往復の運賃、「16400」が本来の片道の運賃です

 

 

新幹線特急券(往路)

次に、鹿児島中央→東京の新幹線特急券です。

初めは、全区間自由席になる予定でした。予定を組む上で新大阪駅で乗り換えて、そこからまた別の新幹線の自由席に乗って東京へ向かうつもりでした。しかし、金曜日の帰宅ラッシュと被る可能性に気づきました。

そこで、新大阪→東京のみ指定席に変更することにしました。

乗車券及び特急券は、1回目のみ手数料なしで変更することができます。今回はのぞみの指定席に変更したため、自由席特急券と指定席特急券の差額520円と「のぞみ割増料金」の310円の合計である830円のみ払いました。

結果として、鹿児島中央→東京の自由席特急券12410円に加えて先程述べた830円が加わり、合計13240円となりました。

f:id:TwinkleRider:20190128170622j:image

きっぷを1度変更したため、「乗変」の印がされています。左上は変更した際にみどりの窓口の方に、当日乗るべき「さくら556号」の時間を書いていただきました

 

 

在来線特急券(サンライズ出雲)

東京→岡山のノビノビ座席のきっぷを購入しました。

通常、寝台特急になる場合には運賃、特急料金に加えて「寝台料金」の3つの料金が必要となります。

しかし、ノビノビ座席は座席扱いなので寝台料金はいらず、指定席料金を払うだけで乗ることができます

また、岡山駅で新幹線に乗り換えるため乗継割引の適用されます。これによって、特急料金が半額になります。 

乗継割引についても後日記事にする予定です。

 

結果として、3760円の半額となる1880円となりました。

f:id:TwinkleRider:20190304003841j:image

右下の「乗継」の印が、乗継割引を適用している印です

 

 

新幹線特急券(復路)

最後に、岡山→鹿児島中央の新幹線特急券です。

気をつけなければならないのが、サンライズ号は日をまたぐため日付がサンライズ号乗車の翌日となる点です。今回は1月26日にサンライズ号に乗車するため、この特急券は1月27日のものです。

金額は、8960円でした。

f:id:TwinkleRider:20190128171133j:image

日付はしっかりと「1月27日」と記載されています

 

合計金額

乗車券(往復の2枚)、新幹線特急券(往路と復路の2枚)、指定席特急券(ノビノビ座席)の5つのきっぷを合わせて

23600+13240+1880+8960=47680  より

合計47680円となりました。

 

最後に

今回、初めてみどりの窓口を利用しました。だいたい自動券売機で問題ないですからね。少なくともJR学割を適用する場合は、みどりの窓口で購入しなければなりません。

そして、合計金額が50000円弱。やっぱり高くなってしまいますねwバイト代がかなり飛んでしまいました。決めたのは、自分自身ですが。

鉄道界ではおなじみブルジョワ系ユーチューバーのスーツさんなら、グリーン車やA寝台に乗ってもう少しお金をかけそうですがw

www.youtube.com


同じ大学生ですので、あのような乗り方をできるのは羨ましい限りです。

 

しかし、自分自身この計画に対して不満はありませんし、非常に楽しみです。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

「スプラトゥーン旅行記」の他の記事はこちらから

www.twinklerider.com