普通の大学生の生活日記

理系学生。大学生のときにしか出来ないことをするスタイル

青春18きっぷの難所に対して頑張るところ、妥協するところ、諦めるところ

こんにちは。TwinkleRiderです。

前回、この春にする青春18きっぷで旅行についての概要を綴りました。

www.twinklerider.com

 

 

今回は、どのような経路を通るかの詳細です。

この日程は、2019(平成31)年3月16日のダイヤ改正前に行う旅行です。3月16日以降はダイヤが改正されるので、ご注意ください。

 

 

 

 

大まかな経路

注意点

最終日3月13日の昼に僕が用事が入っているため、最終日の昼までに帰ってくることが出来るように予定を組みました。

 

経路考える上でこだわった条件

  • 同じルートはできるだけ通らないこと
  • 1日でより遠くに行くこと
  • 目指す観光地に着いたときが適した時間であること(城は明るい時間であることなど)
  • 最終日の昼には鹿児島に戻れること

 

1日目

鹿児島・宮崎側から肥薩線経由で北を目指し、鳥栖駅から佐世保の方に向かいます。長崎駅方面は、今回は諦めました。熊本に寄ること を考えると、肥前鹿島・諫早間を通過するのに苦労する(この区間を走る普通列車の本数が少ない)可能性があり、長崎駅に着くように予定を組むと熊本での時間がギリギリになる可能性があるためです。

 

2日目

佐世保付近から門司港駅まで行きます。佐世保線および長崎本線の長い区間が前日とかぶってしまいますが、これは仕方ないことなので無視します。また、門司駅から電車で本州に渡っても良いのですが、せっかく日曜日で土日限定の観光レトロ列車が走るので、それに乗ることにしました。

その後、関門トンネル人道で本州に渡り、山陽本線で東を目指し福山駅まで行きます。途中、厳島神社に寄りますが、JR西日本宮島フェリーに乗ります。このフェリーは、青春18きっぷで乗ることが出来ます。

 

3日目

福山から姫路に向かい、そこから姫新線、因美線経由で鳥取を目指します。播但線経由でない理由は、姫路の滞在時間や鳥取のバスの時間を考えるとこちらのルートだとかなり厳しくなるからです。その後、出雲まで目指します。

 

4日目

山陰本線、山口線、山陽本線経由で九州に戻り、小倉駅から日豊本線で南に向かいます。佐伯・延岡間の上下線の普通列車は異常に少ないので、頑張って佐伯まで目指します。

 

5日目

朝一の普通列車で延岡駅を目指し(いわゆる宗太郎越え)、鹿児島方面に行きます。ここで問題が発生します。西都城駅で6時間ほど待機しなければなりません。途中寄り道しつつ向かえばいいのですが、その日の昼までに鹿児島に戻らなければなりません。なので、残りの西都城・鹿児島間は妥協して特急列車に乗ります。

 

ちなみに

1日目から5日目のルートを大雑把に見ると8の字を描いています。

f:id:TwinkleRider:20190321050200j:image

画像:全国路線図 | 駅すぱあと for web

ですから、どちら周りでも行くことが出来ます。例えば、初日は肥薩線経由ではなく日豊本線経由で北を目指すことが出来ます。

しかし、今回のルートにしました。それは、上記で示した条件を満たすためです。特に、日豊本線経由で北に向かおうとすると延岡駅で夕方まで足止めを食らうことになるので全然進ません(確か別府駅くらいが限界でした)。青春18きっぷユーザーにとって宗太郎越えはそれだけ面倒くさいのです。

 

詳細

1日目

僕は、鹿児島中央駅を朝早くに出発して、隼人駅で乗り換え、肥薩線経由で熊本方面を目指します。

ここで、肥薩線の吉松・人吉間は非常に列車本数の少ない難所の1つです。しかし、鹿児島中央駅で朝一の列車に乗れば問題ないので、気にすることはないと思います。強いて言えば、最初の鹿児島中央駅始発の列車に乗り遅れると計画が破綻してしまいます。


f:id:TwinkleRider:20190321040958p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041003j:image

熊本駅では観光のため途中下車します。昼食もここで取ることにします。

観光が終わった後は、鹿児島本線で北上して、鳥栖駅から長崎本線・佐世保線経由で武雄温泉駅に向かいます。途中下車して、武雄温泉に入ります。


f:id:TwinkleRider:20190321041040p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041045j:image

その後、早岐駅周辺のホテルのチェックインを終わらせた後に、佐世保駅周辺で夕食を取ります。


f:id:TwinkleRider:20190321041119p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041114j:image

夕食を済ませて、早岐駅に向かいホテルに戻れば、1日目は終了です。

 

2日目

朝一の普通列車で門司港駅を目指します。途中、鳥栖駅で快速列車に乗り換えてより早く小倉駅まで行きます。

門司港駅で一旦JR線を後にして、土日・祝日限定の「門司港レトロ観光列車」に乗車して関門海峡近くまで向かいます。そして、関門トンネル人道で本州に渡ります。


f:id:TwinkleRider:20190321041226p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041231j:image

トンネルを抜けた後はバスで下関駅へ向かい、そこから再びJR線に乗り宮島口駅を目指してひたすら東へ向かいます。宮島口駅を途中下車した後に、JR西日本宮島フェリーに乗り厳島神社に行きます。


f:id:TwinkleRider:20190321041307p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041314j:image

宮島口駅に戻ったら、JR線で更に東を目指し、この日は福山駅まで向かいこの周辺で宿泊します。


f:id:TwinkleRider:20190321041414p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041410j:image

 

3日目

朝早くの列車で姫路駅に向かい、姫路城を観光します。


f:id:TwinkleRider:20190321041341p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041345j:image

観光が終わった後は、姫路駅から姫新線で東津山駅に向かい、因美線に乗り換えて鳥取駅を目指します。この区間は、乗り換えを何度もしなければならない上に、待ち時間も長いです。


f:id:TwinkleRider:20190321041509p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041506j:image

鳥取駅を途中下車した後は、鳥取砂丘を目指します。日本交通の岩井線という路線バスで向かうのですが、なぜか乗換アプリでは出てきませんw

駅に戻ったら、山陰本線で出雲市駅まで向かい、その周辺で宿泊します。


f:id:TwinkleRider:20190321041635p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041631j:image

 

4日目

一畑電車の朝一の列車で出雲大社に向かいます。


f:id:TwinkleRider:20190321041705p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041710j:image

ここで急いで参拝して出雲市駅に戻り、急いでJR線に乗り換えます。後は、佐伯駅を目指してずっと列車に乗ります。

山陰本線で益田駅まで向かい乗り換え、ここからは山口線で新山口駅まで行って乗り換え、山陽本線経由で関門海峡を渡り、九州に戻ります。

小倉駅で日豊本線の乗り換えて佐伯駅まで向かい、その周辺で宿泊します。


f:id:TwinkleRider:20190321041736p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041740j:image

 

5日目

佐伯駅始発の朝一の普通列車で延岡駅を目指します。いわゆる宗太郎越えです。その後、西都城駅まで普通列車で向かいます。

さて、この駅に次の普通列車が来るのは6時間後になります。そうすると、昼までに鹿児島に戻ることができなくなってしまいます。

なので、青春18きっぷでの旅行はここで打ち切って、ここから先は特急列車に乗ることにしました。

鹿児島市電の乗り換えを考慮して、鹿児島中央駅ではなく鹿児島駅で降ります。


f:id:TwinkleRider:20190321041909p:image

f:id:TwinkleRider:20190321041905j:image

 

最後に

計画を立てるだけでもかなり苦労しました。特に、宗太郎越えをするために佐伯駅に前日までに到着するようにしなければならないように予定を組むのが大変でした。

でも、11850円でこれだけの距離を移動できるだけでも大きいと思いますけどね。

 

問題は、当日にこの通りに行くかどうかですね。ワクワクと同時に不安もたくさんあります。果たして、旅行はうまくいくのでしょうか。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

青春18きっぷ旅の他の記事はこちらから

 

www.twinklerider.com