青春18きっぷ

実践で学ぶ青春18きっぷでの途中合流の方法!スタート地点が異なるときはどうするの?

それぞれの駅をスタートしたときの図解

こんにちは。大学生ブロガーのTR(@twinkle_rider)です。

青春18きっぷは1人で使うのはもちろんのこと、複数人で使用することもできます。そんなとき全員が全くの同一行程であれば特に困ることはないですが、スタート地点が異なるときはどうすればよいのか。この疑問を持った方もさぞ多いことと思います。

そこで今回は、スタート地点の異なる複数人で青春18きっぷを利用するときの合流方法(補足として、ゴール地点が異なる複数人で青春18きっぷを利用するときの解散方法)と注意点の解説、そして実際にそれを行ったときの様子についてまとめました。

青春18きっぷでの合流方法

注意点

青春18きっぷを購入すると、きっぷだけでなく4枚の案内の紙も一緒にもらいます。そのうちの「ご案内1」には、複数人数での利用についての注意書きが書かれています。

青春18きっぷに関するご案内

上の写真の赤線部には以下のように書いてあります。

複数人数でも利用できます。なお、複数人数の場合は同一行程となり、入出場の際には必ず青春18きっぷ本券が必要です

このように、青春18きっぷを複数人で利用することは出来るのですが、一緒に行動する必要があるのです。

本題ですが、青春18きっぷを利用している人に途中で合流できるのか?

結論から述べると、合流することはできます。ただし、いくつか注意点があります。

前述の「複数人数の場合(中略)入出場の際には必ず青春18きっぷ本券が必要」というのは、入出場の度に駅員さんなどにきっぷの確認をしてもらう必要があるということです。ですから、同一行程の区間のスタート地点(合流地点)の駅で一緒に入場する必要があるのです。つまり、合流する駅では全員が一旦改札を出なければならないのです。

青春18きっぷで合流したい場合は、全員が一旦改札を出る!

途中合流(解散)方法の例

文章だけでは分かりづらいので、図解で説明しようと思います。

説明しやすいように、以下のような状況を仮定します。

青春18きっぷでの合流方法のスタート前の図解説明
矢印は進行方向を示します

これから、αさんとβさんはZ駅で合流して、2人で目的の場所を目指すとします。では、順に説明していきます。

まず、αさんは青春18きっぷでZ駅まで行くことができます。始発駅でスタンプを駅員などに押してもらいます。それに対して、βさんは青春18きっぷを持っていないので、Z駅までのきっぷを購入する必要があります。

合流前の図解説明

次に、Z駅に着いてからですが、αさん・βさんともに改札を出る必要があります。車内合流やホームでの合流はできません。

そして、再度改札を通る際に有人改札でβさんの分のスタンプを押してもらい、2人で一緒に改札を通ります。こうすることで、同一行程区間で入場の条件を満たすのです。

後は2人で同時行動するのであれば、その日は乗り放題です。

合流後の図解説明

3人以上の場合も合流回数が複数回ある場合も、上記と同様です。

ちなみに、ゴール地点が異なり途中で解散する場合は、上記の逆です。解散する駅にて、一旦全員が改札を出る必要があります。

18きっぷでの途中合流・実践編

ここからは、僕が実際に友人2人と青春18きっぷで旅行したときに途中駅で合流したときの様子です。

前置き

今回の合流の舞台は吉松駅です。僕は鹿児島中央駅から肥薩線経由で目指し、友人たちは宮崎・都城方面から吉都線経由で目指しました。

それぞれの駅をスタートしたときの図解
薄いオレンジ色の長方形は、普通の乗車券を示します

僕は青春18きっぷをきっぷで吉松駅を目指し、友人2人は購入した吉松駅までのきっぷで吉松駅を目指します。

ただ、僕が乗っていた列車は都城行で友人2人が乗った列車は吉松駅止まりである上に、人吉方面の列車の発車時刻まで少し待たなければなりません。合流がなくても途中下車すると思うので、例としてはあまり良いとは言えないかもしれませんね。

吉松駅に到着・途中下車

僕は鹿児島中央駅から出発して、隼人駅で肥薩線に乗り換えました。

3枚の青春18きっぷ
5日間の大学生3人による旅の始まり!青春18きっぷの旅のスタートこんにちは。大学生ブロガーのTR(@twinkle_rider)です。 待ちに待ったこの日が来ました。いよいよ5日間の青春18きっ...

隼人駅から約1時間乗車しましたが、まもなく合流予定の吉松駅に着きます。

肥薩線吉松駅到着前の列車内

8時10分頃、吉松駅(鹿児島県姶良郡湧水町)に到着しました。

吉松駅に到着した列車
吉松駅構内の様子

駅員さんに青春18きっぷを見せて、途中下車しました。

ちなみに、他にも同じ列車から降りた方が2名いたのですが、どちらの方も青春18きっぷ利用者でした。

吉松駅駅舎
吉松駅入口の木彫りの駅看板
1903年(明治36年)9月5日に開業した歴史のある駅です

吉松駅の外に出て、友人たちを待つことにしました。

吉松駅で友人2人と合流

駅を出て少しすると、都城発・吉松行の列車が入線してきました。

そして、改札の外で友人2人と合流しました!

青春18きっぷでの合流を実践

列車の発車時間が近づいてきたので再入場することにしました。

さて、ここまで青春18きっぷは僕1人で使っていました。

合流前の鹿児島中央駅のスタンプがされている青春18きっぷボヤケてしまいました・・僕は鹿児島中央駅から吉松駅までこのきっぷとスタンプで来ました

しかし、ここからは3人で乗ります。そこで、吉松駅の駅員さんに再入場の際に追加で2つスタンプを押してもらいました。しっかり説明すれば何も問題ないはずです。

鹿児島中央駅のスタンプに加えて吉松駅のスタンプ2つが加わった青春18きっぷ
左2つは吉松駅、一番右は鹿児島中央駅のスタンプですが、どちらも同じ日付(3月9日)です

これで、3人が同時行動をするのであれば3人で何度でも乗ることができ、何度でも下車することができるようになりました。

吉松駅で友人に合流後の図解

3人での行程のスタート

次の列車で人吉駅まで向かいます。この列車からは3人で同時行動です。入場するときも乗車するときも下車するときも。よっぽどのことがなければ、深く考える必要はありませんが。

キハ220系気動車の方向幕
日光のために見にくくなっています。スミマセン
キハ220系気動車の全体
キハ220系気動車に乗って人吉方面を目指します

8時46分、吉松駅を出発しました。

最後に

今回は、青春18きっぷでの途中合流の方法について図解と実践編に分けて説明しました。少し複雑ですが、そこまで難しいことではないと思います。

合流する際は全員が改札の外に出なければならない点には、注意してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この旅行の続きはこちらから

肥薩線観光列車の絵
スイッチバックにループ線!先人たちの知恵で山を越えた肥薩線と青春18きっぷこんにちは。大学生ブロガーのTR(@twinkle_rider)です。 前回、吉松駅にて友人2人と合流して青春18きっぷの旅が本格...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です