JMB FLY ON プログラム

【実質JGC修行なし】JMBサファイアに到達!JGC入会の条件が揃いました

JMBサファイアサムネ

今年はJALグループ便を利用する機会が多く、先日僕はいわゆるJGC(JALグローバルクラブ)修行なしでJMBクリスタルを達成しました。

JMBクリスタル達成サムネ
【JGC修行なし】JMBクリスタルに到達!サービスと反映までプロフィールページに書いているように僕は飛行機のふわっと浮く感覚が苦手ですが、早く着くので遠方へ行くには便利なものです。 今年は去...

その後も私用で飛行機に乗り続けた結果、FLY ON ポイント(以下、FOP)が50000を超えJMBサファイアになりました。

今回は、JMBサファイアとはどういうものか、メリットとして何があるのか、反映までどれくらいの時間がかかるのか、などをまとめました。

JMBサファイアとは

JALには全部で4種類のステイタスがあり、上からJMBダイヤモンド、JGCプレミア(JGC会員限定)、JMBサファイア、JMBクリスタルとなっています。

  • JMB = JAL Mileage Bank(JALマイレージバンク)
  • JGC = JAL Global Club(JALグローバルクラブ)

これまでは4つのステイタスの中で一番ランクの低く最初に到達する「JMBクリスタル」でしたが、今回1ランク上の「JMBサファイア」になったのです。

JMBサファイア会員になる条件

では、どうしたらJMBサファイア会員になれるのか。

JALホームページには、以下の記載があります。

JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便へのご搭乗が以下に該当するお客さまにお届けします。

  • 毎年の1月~12月の12ヵ月間(暦年)で50,000FLY ON ポイント(うちJALグループ便25,000FLY ON ポイント)以上
  • または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ON ポイント以上

ご搭乗回数は、JMBのマイル積算対象運賃によるご搭乗が対象となります。

引用:JMBサファイア – JALマイレージバンク

要するに、1月から12月の間にFLY ON ポイント(以下、FOP)が50000(うちJALグループ便25000)以上になるか、50回(うちJALグループ便25回で、特典航空券での搭乗などは対象外)乗るかのどちらかを達成することでJMBサファイア会員になることができます。

FOPとは、搭乗距離(区間マイル)や利用クラス、利用運賃などに応じてたまるポイントのことです。

詳細は省略しますが、長距離、ファーストクラスのような上級クラス、普通運賃などの高い運賃を利用することで多くたまります。

JAL公式ホームページでどのくらいのFOPがたまるかを計算することができるので、ぜひ活用してみてください

ワンワールド(oneworld)アライアンス加盟航空会社には、JALと以下の航空会社があります。

航空会社名(日本語)航空会社名(英語)国・地域
アメリカン航空American Airlinesアメリカ合衆国
ブリティッシュ・エアウェイズBritish Airwaysイギリス
キャセイパシフィック航空Cathay Pacific Airways香港
フィンランド航空(フィンエアー)Finnairフィンランド
イベリア航空Iberiaスペイン
マレーシア航空Malaysia Airlinesマレーシア
カンタス航空Qantas Airwaysオーストラリア
カタール航空Qatar Airwaysカタール
ロイヤル・エア・モロッコRoyal Air Marocモロッコ
ロイヤル・ヨルダン航空Royal Jordanian Airlinesヨルダン
S7航空(エスセブン航空)S7 Airlinesロシア連邦
スリランカ航空SriLankan Airlinesスリランカ

参照:グローバルネットワーク(ワンワールド) – JAL

アライアンス(airline alliance)とは、日本語では航空連合を意味し、航空会社の連合組織のことを言います。

現在は、スターアライアンス(Star Alliance)、スカイチーム(SkyTeam)、ワンワールドの3つがあります。

JALと並ぶ日本の大手航空会社であるANA(全日空; 全日本空輸; All Nippon Airways)は、スターアライアンス加盟航空会社です。
スカイチームに所属している日本の航空会社はありません。

これらの航空会社の便に乗っても一定数のポイントもしくは搭乗回数はOKとなっているので、全てJALグループ便である必要はありません。

僕の場合、FOPが50000(全てJALグループ便)を超えたことで達成しました。

JMBサファイア会員になると

JMBサファイア会員になると、いくつかの特典があります。

すべてを紹介すると長くなるので、一部抜粋して紹介します。

ワンワールド エリートステイタス(サファイア)

先ほど記載したように、JALはワンワールドアライアンスに加盟しています。

JMBクリスタル会員には「ワンワールドサファイア」が自動的に提供され、そのサービスが利用可能となります。

JALグループ便ではなくワンワールドアライアンス加盟航空会社便であっても、ビジネスクラスチェックインカウンターが利用可能となり、予約時のキャンセル待ち・空港での空席待ちを優先的になります。

詳細は、JALホームページに記載されています

会員特典利用期間([1S]と[2S])

JMBサファイアの特典は、サービスによって利用期間が異なります。

ファーストサービス(以下、[1S])FLY ON ステイタス達成の約1週間後〜翌々年3月
セカンドサービス(以下、[2S])FLY ON ステイタスカード(ステイタス達成後約2~3週間に届く)の到着後または「JAL」アプリへのステイタス反映後~ステイタス達成の翌々年3月末日

ただし、後ほど僕の場合のステータス反映を紹介しますが、上の表に記載の期日と異なりました。

会員専用予約デスク(日本地区会員のみ)[1S]

日本地区会員がJALグループ便を予約するときに、専用のサファイア予約デスクを利用することができます。

日本地区以外の会員の方はお住まいの地区のJMBセンターにご連絡ください。

前方座席指定サービス[1S]

JALグループ便の国内線および国際線を予約する際に、前方の座席を優先して指定することができるようになります。

他社運航のコードシェア便は、対象外です。

マイル積算率の上昇[1S]

JMBクリスタルではマイルの積算率がアップしましたが、JMBサファイアになると更にマイルが貯まりやすくなります。

JALグループ便105%
アメリカン航空便105%
ブリティッシュ・エアウェイズ便100%
イベリア航空便50%

参照:JMBサファイア(マイル) – JALマイレージバンク

ボーナスマイルは、JALカードなどのボーナスマイルと重複することはなく、優位な方が適用されます。基本的にカードの積算率より高いので、よりマイルが貯まるようになります。

ホームページにはちゃんと書かれていませんが、このボーナスマイルはフライトマイル(区間マイル×利用運賃のマイル換算率)に上記の割合だけ加算されます。まあ、ボーナスマイル全般そうですが。

専用カウンターでのチェックイン[2S]

JALグループ国内線

JALグローバルクラブ(JGC)カウンターを利用することができます。

利用できるのは、会員本人と同行者1名です。

JAL国際線

日本国内の空港ではJALグローバルクラブ(JGC)カウンター、海外の空港ではJALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用することができます。

利用できるのは、会員本人と同行者1名です。

ワンワールドアライアンス加盟航空会社便

「ワンワールドエリートステイタス」の表示がある優先チェックインカウンターを利用することができます。

利用できるのは、会員本人のみです。

プライオリティバッゲージサービス[2S]

JALグループ便やワンワールドアライアンス加盟航空会社便を利用の際、到着空港で優先的に手荷物を受け取ることができます。

優先搭乗[2S]

JALグループ便やワンワールドアライアンス加盟航空会社便に搭乗する際、サファイアカードと搭乗券を提示することで優先的に搭乗できます。

利用できるのは、会員本人のみです。

空港ラウンジ利用

JALグループ便[2S]

サファイアカードまたはJALアプリのログイン後画面とご搭乗券を提示することで、本人と同行者1名様までラウンジが利用できます。

また、ラウンジクーポン(マイル引き落とし)の利用で更に同行者2名まで(合計最大3名まで)利用できます。

詳細は、JAL公式ホームページをご参照ください

JALファーストクラスラウンジやダイヤモンド・プレミアラウンジは利用できません。

ワンワールドアライアンス加盟航空会社便

サファイアカードの提示で、全世界約600ヵ所以上に設置されているワンワールドアライアンス加盟航空会社各社のラウンジが利用できます。

利用できるのは、会員本人と同行者1名です。

その他

その他のJMBサファイア会員の特典は、以下のJALホームページをご参照ください

JMBサファイア最大の魅力・JGC入会資格

JMBサファイアになると、とある資格を得ることができます。

それが、「JGC(JALグローバルクラブ)」です。

JGCとは

JGC(JALグローバルクラブ)について、JALホームページでは以下のように説明されています。

JALグローバルクラブは、JALグループ便をいつもご利用いただいているお客さまへ
格別なサービスをお届けする会員組織です。

引用:JALグローバルクラブ – JALマイレージバンク

ここでは詳しい内容は省略させていただきますが、JGCに入会することで専用のチェックインカウンターが使えるようになったり、ラウンジが使えるようになったり、優先搭乗ができるようなったりと、JALの様々な上級サービスを受けることができます。

では、どうすればJGCに入会できるのか。
入会するために満たさなければならない条件として、以下のことが書かれています。(日本会員の場合)

JALグローバルクラブ(JGC)は、以下の条件を満たされたお客さまがご入会いただけます。

  • 1〜12月の12カ月間にJALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便にJMBのマイル積算対象運賃でご搭乗いただくと積算される「FLY ON ポイント」が50,000FLY ON ポイント(うちJALグループ便25,000FLY ON ポイント)以上、または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ON ポイント以上のご搭乗実績があること。
  • JALグローバルクラブ JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかをお持ちいただけること。
  • JALグローバルクラブ規約を遵守いただけること。

引用:JALマイレージバンク – JALグローバルクラブ:ご入会にあたって

一番上は、これまで説明してきたJMBサファイアの条件です。

そして、2つ目はクレジットカード保有に関する内容です。
JALカードのうち、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかを持つ必要があるため、普通カード、学生限定のJALカードnavi、20代限定のJAL CLUB ESTカードではダメです。

さて、JGCの内容自体はサファイアとほぼ同じですが、入会の最大のメリットは上で示したクレジットカードを持っている限り、ずっと資格を維持できるのです(もしかしたら、そのうち変更となるかもしれませんが)。

JMBサファイアなどのステイタスは、約1年で資格を失ってしまいます。
そのため、この資格を維持するためには毎年たくさん飛行機に乗らなければなりません。

しかし、一度JGCに入会するとクレジットカードを持っている限り資格を維持できるため、毎年たくさん飛行機に乗らなくても上級サービスを受け続けることができます。

JGC修行と修行僧

一回でもサファイア会員になればJGC入会資格を得ることができ、入会することで半永久的に実質的にステイタスを維持できるのです。

そのため、その資格欲しさゆえに「JGC修行」と呼ばれるものをしている方々がいます。
JGC修行とは、羽田・沖縄間を1日に4往復したり、シンガポール入国後すぐに日本に引き返したりしてFOPを稼ぐ、もしくは伊丹・但馬間や福岡・宮崎間のような短距離で安く乗れる路線に1日何往復もして50回乗る、ということをしてサファイア会員の条件達成を目指すようです。

また、それをする人は修行僧と呼ばれています。

要するに、サファイア達成やJGC入会のためのFOPや搭乗回数を稼ぐためだけに飛行機に乗る方々がいるのです。
ちなみに、達成することを修行になぞらえて「解脱」と呼ぶそうです。

JGC修行らしいことをせずにサファイアになった筆者

もっとも僕の場合、鹿児島県に住んでいる関係上イベントなどでの東京への移動でそれなりにFOPがたまること、JALの特別措置でかなりFOPが増えたこと、などから修行はせずにサファイア会員になることができました。

後半は多少調整しているのでたまたまFOPが50000を超えたというのは嘘になりますが、すべて移動先での目的のためにJALグループ便を利用しました。

修行僧が羽田・沖縄間を1日に何往復する中で、僕は離島路線に乗ったり短距離路線に乗ったりと修行僧から見れば効率の悪いことをしています。
ですが、それは修行目的ではなく目的地で用事があったからです。

スタプリ感謝祭の際の搭乗証明書スタプリ感謝祭のときの搭乗です(特別措置の対象になりました)
沖永良部島および奄美大島のマンホールカード回収のときの搭乗証明書距離が長めの離島路線はコスパが悪いので、修行僧なら避けるでしょう

那覇空港も何度か行っていますが、それも修行目的ではなく単に沖縄県に用事があったからです。

そもそも目的地に用事もなく乗り物を利用することは、大好きな鉄道であっても出来るだけ避けたいと考える人なのです。

なので、僕はJGC修行らしいことはせずにサファイア会員になったのです。

それもあり、僕はJGC修行のことはよくわかりません。

一応言っておきますが、修行僧をバカにしているわけではありません。

1年間に26回飛行機に乗っている僕も、普通の人から見れば異常ですからね。

反映・JGC入会・ステータスカード到着までの流れ

クリスタル会員での最後の搭乗

2020年(令和2年)11月24日、火曜日。

都内での用事を終わらせて、羽田空港から鹿児島空港に戻りました。

2020年最後の搭乗を表示しているJALアプリ

これが年内最後の搭乗でした。

搭乗実績反映・FOPが50000を超える

2日後の11月26日、FOPが反映されました。

FOPが50000を超えたJALアプリ

FOPが50000を超えたものの、まだクリスタルのままです。

クリスタル→サファイアのステータス反映

その翌日(50000を超えるタイミングのフライトの搭乗日の3日後)の11月27日、JALアプリで変化がありました。

JMBサファイアとなったJALアプリ

日付が変わってすぐに反映されました。

アプリ上部の背景色が赤から水色になり、左上のワンワールドルビーのアイコンはワンワールドサファイアに変化していました。
そして、「CRYSTAL」の文字は「SAPPHIRE」に変化していました。

PC版のJALのホームページでは、以下の反映がありました。

JMBサファイア反映直後のJALホームページのメイン画面

まず、メインページでは「〇〇様 いつもご利用ありがとうございます。」の横のアイコンが、JMBサファイアとワンワールドサファイアに変化していました。

マイレージ&JALカードのページでも、FOPのところがJMBサファイアとワンワールドサファイアのアイコンに変わっていました。

JMBサファイア反映直後のJALホームページのマイレージ&JALカードページ

そして、マイル詳細のページでも同じように変化していました。

JMBサファイア反映直後のJALホームページのマイル詳細ページ

ちなみに、右側の「ダイヤモンドまでのFOP」に関しては、FOPが50000を超えたとき(JMBサファイア反映の前日)には表示されていました。

JGCへの入会手続き

先ほど説明したように、JMBサファイア会員になるとJGCへの入会資格を得ることができます。

入会方法は、JGCカードというクレジットカードを発行するだけです。
そして、JALカードのCLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナのいずれかを保有している場合、オンライン上でその手続をすることができます。

僕はJALカードnaviとJAL CLUB-Aカードの2枚持ちだったので、今回はオンラインでJAL CLUB-Aカードの切り替え(JGC入会)手続きを行いました。

11月28日にオンライン上での手続きができるようになったので、早速しました。

JGCカード切り替え申し込み画面

このことは、別の記事にまとめる予定です。

JGCの反映・JGCロゴの追加

これまではただ「SAPPHIRE」の表記があるだけでしたが、123日にJGCのロゴも追加されました。

入会手続きから5日後の反映でした。

JALアプリでは、「SAPPHIRE」と名前の間にロゴが追加されました。
なので、青色の部分が少しだけ広くなりました。

JGCのロゴが追加されたJALアプリ

JALのホームページでもロゴが追加されていました。

JGCロゴ追加直後のJALホームページのメイン画面 JGCロゴ追加反映直後のJALホームページのマイレージ&JALカードページ

また、JGCにはJMBサファイアとJMBダイヤモンドの間に「JGCプレミア」というステイタスがあるので、右側が「ダイヤモンドまで」から「JGCプレミアまで」に変わっていました。

ステイタスカード到着

12月8日、家のポストにJALからの封筒が入っていました。

11月24日の搭乗分でサファイアになったので、14日で届いたことになります。
9日で届いたJMBクリスタルのステイタスカードより時間がかかりました。

ステイタスカードやそれと一緒に同封されていたものは、別の記事で詳しく紹介しています。

JMBサファイアのステイタスカードの表面
JMBサファイアステイタスカードサムネ
JMBサファイアのステイタスカードを開封・レビューしてみた先日、JGC(JALグローバルクラブ)修行らしいことはせずにめでたくFLY ON ポイント(以下、FOP)が50000を超えたことで、J...

JGCカード到着

12月10日、JGCカードが届きました。

JGC CLUB-Aカード

入会手続きの12日後でした。

先程も書いたように、僕はJALカードnaviとJAL CLUB-Aカードの2枚持ちでJAL CLUB-Aカードを切り替えだけなので、カードの審査はありませんでした。

2020年のすべての搭乗証明書

搭乗証明書を空港で発行していただきました。

2020年すべての搭乗証明書

ほぼ修行しなかったけど、ある意味修行だったこと

上に書いたようにJGC修行らしいことはせずにサファイア会員になった僕ですが、ある意味修行だったことがあります。

それは、飛行機への搭乗そのものです。

どういうことかというと、僕は元々飛行機が苦手なのです。
なので、乗ることそのものが僕にとっては修行でしたw

年間で26回乗ったのでだいぶ慣れたものの、今でも苦手意識が残っているのですw

そんなやつが、航空会社の上級会員になりました。

最後に

今回は、JMBサファイアについてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

POSTED COMMENT

  1. […] JMB FLY ON プログラム【実質JGC修行なし】JMBサファイアに到達!JGC入会… […]

  2. […] JMB FLY ON プログラム【実質JGC修行なし】JMBサファイアに到達!JGC入会… […]

COMMENT