JMB FLY ON プログラム

JMBクリスタルのステイタスカードが届いたので、開封してみた

JMBクリスタルステイタスカードサムネ

僕はJGC修行と呼ばれるものをせずに、FLY ON ポイント(以下、FOP)が30000を超えたことでJMBクリスタル会員になりました。

JMBクリスタル達成サムネ
【JGC修行なし】JMBクリスタルに到達!サービスと反映までプロフィールページに書いているように僕は飛行機のふわっと浮く感覚が苦手ですが、早く着くので遠方へ行くには便利なものです。 今年は去...

今回は、JMBクリスタルのステイタスカードが家に届いたので、その中身を紹介したいと思います。

JMBクリスタルとは

JMBクリスタルについては、以前の記事で説明していますので、そちらをご参照ください。

JMBクリスタル達成サムネ
【JGC修行なし】JMBクリスタルに到達!サービスと反映までプロフィールページに書いているように僕は飛行機のふわっと浮く感覚が苦手ですが、早く着くので遠方へ行くには便利なものです。 今年は去...

封筒が家に届く

搭乗から9日で届く

11月2日(月)、家のポストにJALからの封筒が入っていました。

JMBクリスタルに関する封筒

10月24日の搭乗をもってFOPが30000を超えたので、封筒が届いたのは9日後になります。

JAL公式ホームページには2〜3週間かかると書かれているものの、意外と早く届くものなのかもしれませんね。

簡易書留ではない模様

先ほど記載したように、家のポストに入っていました。

クレジットカードとは違い、簡易書留ではないようですね。

クレジットカードのような簡易書留の場合、家の玄関で受け取るか、郵便局に取りに行く必要がある(身分証明書も持参する必要あり)ので、ポストの入っていることはありません。

開封してみた

さっそく開封してみました。

中には、全部で3種類のものが入っていました。順番に見ていきます。

ステイタスカード

まずは、ステイタスカードです。

ステイタスカードは、クレジットカードと同じような感じで入っていました。

JMBクリスタルのステータスカードとその案内

クレジットカードだとご利用可能枠などが書かれていますが、ステイタスカードだと特に伝える情報はないですし、結構スッキリしています。

下側なんて何も書かれていないので、ちょっとさみしい感じがしますね。

では、カードを詳しく見ていきましょう。

JMBクリスタルのステータスカードの表面

真っ赤なカードです。背景には世界地図が描かれており、真ん中にデカデカと「CRYSTAL」と書かれています。

そして、右上に「2020/2021」と書かれています。おそらく、左がステイタスを達成した年、右がステイタスの有効年度(2021年度は2022年3月まで)だと思います。

左下の有効期限のところなどは、クレジットカードに似ていますね。

このカードを見た率直な感想として、すごくきれいなカードだなと思いました。とにかく、赤色が綺麗。

ただ、背景に世界地図が描かれているのですが、よく見ると思った以上に雑でしたw北海道が本州と繋がってる・・・。イギリスどこ?

ちなみに、JALアプリに描かれている世界地図はもう少ししっかりしています。

JMBクリスタルとなったJALアプリ

イギリスがわかりやすいかなと思います。

まあ、だからどうしたって話ですがw

次に、カードの裏面です。

JMBクリスタルのステータスカードの裏面

裏側は、ステータス会員専用の予約デスクや問い合わせ先の電話番号が書かれています。

一応今回電話番号を隠していますが、電話をかけたときに確認があるので一般会員では使用できない仕組みになっているようです。

案内(書面)

次に、「JMB FLY ON プログラム『JMBクリスタル』のご案内」と書かれた書面です。

JMBクリスタルの案内

ぶっちゃけ、定型文ですね。よくあるやつです。

クリスタルのサービス案内

最後に、「『JMBクリスタル』サービスのご案内」という冊子です。

JMBクリスタルのサービス案内

クリスタルの特典やFOPの説明などが書かれています。

ただ、クリスタルを達成した人の多くは、FOPに対する理解はあるのではないかと思っています。もちろんすべての人が内容を把握しているとは思いませんが、JGC修行中の修行僧などにとっては当たり前の内容かもしれません。

もっとも、僕は修行僧ではないのでよくわかりませんが、修行僧にとってクリスタルは通過点に過ぎず興味ないのかもしれませんね。

入っているものはこれで全てです。

最後に

今回は、JMBクリスタルのステイタスカードなどをレビューしました。

僕がこのステイタスカードを提示して使うことはないような気もしますが、今年はまだ搭乗予定があるので大切に持っておこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。